オデッセイのライバル車について~競合の仕方~

ライバル車を知って値引き勝率アップ

オデッセイはホンダの自動車なので、同士競合が有効です。つまり異資本ホンダディーラーとオデッセイ同士を競合させるわけです。これはハイブリッドタイプでも変わりません。

 

この方法により、手軽に値引き合戦に持ち込むことができます。しかし、ホンダ側もそのことは十分承知しているので、場合によっては値引き交渉がこう着状態になることがあります。そうなると商談が煮詰まって先に進まなくなります。そんなときに有効なのが他社メーカーのライバル車を競合させる方法です。他の自動車を上手に交渉材料に使うことで、さらなる値引きが可能となります。

 

ただし、ただライバル車を競合させるだけではだめです。きちんと相手の車についても調べておき、何が気になっているのか説明できないといけません。そうでないと、営業マンに「〇〇のどこが気に入っているのですか」と聞かれたときに言葉に詰まり、ただ競合させたいだけなのがバレてしまいます。

 

交渉を行う前に、ライバル車の情報とアピールポイントについて学んでおきましょう。

 

アルファードやヴェルファイアとの競合が面白い

 

オデッセイのハイブリッドタイプをライバル車種と競合させるなら、アルファード(ヴェルファイア)がよいでしょう。トヨタ側としても、新たに登場したオデッセイのハイブリッドは燃費性能もよく価格も安いため非常に警戒しています。「オデッセイとアルファードで迷っている」というドライバーは実際に多発するはずなので、競合効果は高いでしょう。

 

注意としては、アルファードの方が価格帯が上という点です。オデッセイのアブソルート(上級モデル)は約380万円ですが、アルファードのハイブリッドタイプは一番安いグレードでも415万円となります。

 

したがって、アルファードと競合させるときはアルファードをしっかり値引きしておくことが重要です。アルファードは値引きが緩み傾向で、しかもオデッセイが登場してさらに緩む可能性があります。アルファードを20万円以上値引きした見積書を用意すれば、ホンダの営業マンの腰を動かすことができるかもしれません。

 

エスティマもライバル候補

 

エスティマはオデッセイに比べて価格帯がやや上なので、あまり競合されない傾向があります。しかし、エスティマのガソリンエンジンなら、オデッセイとある程度似た価格帯となります。あとはサイズ的にも似ている部分が多いので、競合相手としてはマストです。

 

アピールポイントとしては、価格を突くといいでしょう。「エスティマが結構値引きできそう。サイズ的にも近いし予算以内に収まるあっちにしようと思っている」などと告げると効果が高いです。

 

なお、エスティマのハイブリッドタイプはオデッセイに比べてずっと高いので、相見積もりはしにくい傾向があります。ハイブリッドのオデッセイを購入する場合はエスティマとの競合は避けたほうがいいでしょう。

 

レガシィアウトバックとの競合も面白い

 

レガシィはもともとステーションワゴンとして発売されていたので、オデッセイとはキャラが違います。しかしレガシィは近年どんどんサイズアップしており、北米で人気のアウトバックはさらに巨大化しています。なのでジャンルは違いますが、Lサイズの自動車ということでオデッセイとかぶる部分は多いです。

 

価格帯も近いので、競合相手としてはなかなか面白いでしょう。

 

アピールポイントとしては走行性能です。加速性能などはレガシィアウトバックの方が上なので、「やはり走りも楽しみたい。同じくらいの価格ならアウトバックの方が魅力だなぁ」などと言ってプレッシャーを与えるとよいでしょう。

 

その他のミニバンとの競合は注意

 

ミニバンといえばヴォクシー/ノア、さらにはセレナなどが思いつきますが、これらの競合はホンダでいえばステップワゴンです。キャラが違うため、オデッセイと競合させるのは若干厳しいです。「ヴォクシーも気になっている」などと言うと、ステップワゴンをおすすめされてしまう可能性があり、商談の腰を折ってしまうかもしれません。

 

アルファード、エスティマ、レガシィアウトバック以外との競合は難易度が高いので、あまり考えなくてよいかもしれません。